L I X I L リフォームショップ 凍結にご注意ください!


厳しい寒さの日が続き、
水道管の凍結等のご連絡を
数件頂いております。

一時的に使えないだけなら
まだ良いのですが、最悪の場合、
水道管が破裂してしまう可能性があります。

今回は、特に凍結しやすい
屋外の水道管(立水栓)の
簡単な凍結防止策を幾つかご紹介致します。

① 水抜きを行う
  水抜き機能が付いた商品に限られますが、
  立水栓の上部のバルブを閉めてから
  蛇口を開け、立水栓内の水を抜きます。
  立水栓の使用を再開する際は、
  蛇口を閉めてから、バルブを戻す事を
  お忘れないよう、ご注意ください。

② 少量の水を出し続ける
  水抜き機能が無い蛇口では、
  ぽたぽたと途切れない程度、
  鉛筆の芯の太さく らいの水を
  流し続ける事で凍結を防止します。
  中には、氷点下近くになると自動で
  水を出し続ける立水栓もありますので、
  事前にご確認ください。

③ 保温材を取り付ける
  水道管がむき出しになっている部分や
  散水栓に保温材や凍結防止ヒーターを
  取り付ける方法もあります。
  より手軽な方法としては、
  上記の箇所や水道メーターに
  古い布や発泡スチロールのシート等を
  巻きつける事で、冷気を緩和します。

上記の対策を行っても
凍結する可能性はあります。

その場合、無理に蛇口等を開閉したり、
凍結箇所や氷を叩いたり、
凍結箇所に直接熱湯をかける等の行為は
厳禁です。

外気の上昇に伴い、
自然に水が出るようになるのを
待つ事が良いですが、
お急ぎの場合は、
凍結している箇所をタオルや布で覆い、
50℃程度のぬるま湯を
ゆっくりと全体的にかけてください。


水道管や給湯器の凍結トラブルで
お困りの方は、慌てず、
0120-046-255 若しくは
0773-33-0388 まで
まずはお問い合わせください。

↑ スマートフォンをご利用の方は、
電話番号をタップしていただくと
お電話いただけます。

lixil TEL.jpg

無料相談会

無料相談会

メニュー