セルコホームの保証システムは、「ザ・ホームの会」が運営しています。
「ザ・ホームの会」は、セルコホーム本部と、私たちセルコホーム福知山を含む全国のパートナーシップ加盟企業で構成されており、トータルシステムをご提供するにあたり、各保険会社や各保証会社との契約によって、充分な保証力を確保しています。また専門家のアドバイスにより、もしもの時に迅速かつ公平に対応いたします。

※上記保証内容は住宅を対象としたものです。
※店舗付併用住宅の場合、上記保証内容の適用には居住スペースが1/2以上必要です。



マイホームの土台となるのが地盤。各地域によって様々な地盤が存在します。地盤が不良の場合は、最善の改良を行い、更にそれを保証するのが地盤保証です。
地盤保証は完成引き渡し後、10年間不動沈下などによって、お住まいの住宅に損害が発生した場合の改修費を保証する制度です。


こんな状況で地盤沈下が起こります

例えば、建築契約した会社が、何らかの理由で住宅の完成、引渡しができなくなったらお客様が途方にくれてしまいます。そんな場合でもセルコホームは、第三者の完成保証により、責任をもって完成引渡をいたします。

現在全国で第三者の完成保証を適用している建築業者は非常に少ないのが現状ですが、セルコホーム福知山を含むセルコホームパートナーシップ加盟企業全社が完成保証を適用しています。

建築工事中の住宅、更に建築現場や、資材置き場の材料、仮設工事の目的に生じた物的損害を保証いたします。また、工事中の事故や怪我などのアクシデントに対しても保証が可能です。つまり着工から完成までの総合的な損害保険といえます。

住宅性能表示制度は、良質の住宅を安心して取得できる市場を形成する為につくられた「住宅の品質確保の推薦等に関する法律」に基づく制度です。お客様が安心して高品質な住宅を購入できるように工法、構造に関わらず統一の基準で客観的に住宅の性能を評価、表示するものです。

「The Homeの会」では、この制度の利用にあたって、第三者機関として国土交通大臣登録住宅性能評価機関「ハウスプラス住宅保証株式会社」にて検査、評価を依頼しています。
まず、設計段階で構造や住環境、劣化対策など10分野21項目にも及ぶポイントを徹底的にチェックし、その結果は住宅性能評価書により等級や数値で表されます。
また着工から完成まで4回の検査が行われ、住宅が完成してからでは見えなくなってしまうところ、見えなくなってしまう性能を公正に検査、評価し、工事完了後、建築住宅性能評価書が発行されます。
現状で、この住宅性能評価を受ける為には、40万円程度の費用がかかると言われていますが、セルコホームでは様々な合理化により、安価な費用でできるようになりました。
<住宅性能評価 10分野21項目>
1.構造の安定 2.火災時の安全 3.劣化の軽減 4.維持管理の配慮 5.温熱環境 6.空気環境 7.光視環境 8.音環境 9.高齢者への配慮 10.防犯

<着工から完成まで 4回の検査>
1.基礎配筋の検査 2.上棟時の検査 3.内装下地張り前の検査 4.竣工時の検査

この保証は、部材発注から住宅ローン実行時までの短期生命保険といえます。お客様が建築工事請負契約締結後に、ローンによる最終代金支払いを完了するまでの間に、死亡または高度な障害などにより、請負契約に基づく代金支払いができなくなった場合に、その残額を保証いたします。

セルコホーム トータル保証システムは、お客様の夢の住まいを、高性能、高品質の住宅として提供し、そこで暮らす家族みんなが安心して快適に暮らせる住まいを保証いたします。