カナダの住宅
カナダの自然が育んだ理想の住まい「カナダ住宅」
イメージ イメージ

カナダは住宅先進国
経済協力開発機構(OECD)によると、カナダは世界でもっとも住環境の整った国のひとつであるとされている。住宅はほとんどが全館暖房を備え、そのうちの多くは全館空調設備を備えている。

カナダは自然環境保全の考えから、住宅や建材に関する各種規制の厳しさは群を抜いており、更にその厳しい寒さのため、断熱・気密技術、省エネ効果の高い窓や外壁ドア、高効率の暖房・熱交換システムなどの分野で、実に多くの技術開発や改良が行われてきた。その結果、エネルギー効率が高く、快適で、安全な住宅が開発されてきた。カナダの最新の住宅が消費するエネルギーは、30年前の住宅の25%以下。しかもより安定した、快適な室内環境を実現している。

また、国内に優良な住宅ストックが増えれば住宅の寿命が延び、環境に負担をかけないという考え方から、耐久性の高い商品を公的機関が率先して開発し、民間に無料で開放した。各企業の利益を超えて環境を優先している姿勢がカナダは住宅先進国といわれている一つのポイントでもある。


2×4工法は北米が発祥

1830年代の北米大陸はヨーロッパからの移民が多く、大量の住宅の供給が必要になった。その頃の北米の住まいは日本と同じように複雑で高価な構造による家が中心だったが、移民の開拓地では熟練した職人や木材を手に入れることは不可能。そこで、シカゴのワシントン・スノウ氏によって「バルーンフレーム工法」(籠フレーム工法)が開発された。

バルーンフレーム工法の特徴は土台から2階の軒桁までの通し柱(スタッド)で壁を構成し、床根太はスタッドに直接釘打ちされている点にある。複雑な欠き込みを必要とせず、製材品を連続的に釘打ちすることで空間を構成するため、職人の技術に頼らなくても家が建てられるようになった。また、使用する製材の断面が小さいことや、少人数での施工が可能になったことにより、大幅なコストダウンになり、一気に北米大陸全体に普及した。

その後、徐々に改良され第二次世界大戦後には一歩進んだ「プラットフォーム工法」が誕生。プラットフォーム工法はそれぞれの階で床組み(プラットフォーム)を構成し、その上に軸組みを立ち上げていく方法をとっており、床組みとして組まれた作業台の上でその階の壁を組み、これを起こして上の階のプラットフォームを構成する架台としていくもの。このように組んだ床を次の作業スペースとして活用し、効率的な建築を可能としたところが特徴だ。この工法は様々な地方の風土や建築規制にも柔軟に対応できる設計の自由度をもち、しかも1階と2階のフレームを2〜3人で組み立てられるので、たちまち全米に広がった。

現在、カナダでは木造住宅の約90%以上がプラットフォーム工法で建てられている。また、日々様々な改良が加えられており、一部の高級住宅には2×4材を上回る2×6材を用いたものもある。今では世界のスタンダードな工法として、ヨーロッパ各国、オーストラリア、ニュージーランドなど、世界各国に普及した。日本で2×4工法と呼ばれているものはこのプラットフォーム工法を下敷きとしているものである。
イメージ
イメージ

カナダで見つけた心地よい住まい バンクーバー

森の国・カナダで見つけた心地よい住まい バンクーバー
バンクーバー郊外

イメージ
横からの外観。湖は右方向にあり、建物の右半分は吹き抜けのリビング部分。ちなみに外観のペンキ塗りはまだ。色が決まらないとか。のんびりDIYの予定。
イメージ
イメージ イメージ
イメージ イメージ
抜群の住宅性能で、快適そのもの
階段の踊り場から見下ろしたリビングは圧倒される大空間。正面の湖畔は全面を窓にして、眺望が堪能できる。窓の外には広いウッドデッキが広がる。[写真1]

写真1の右側に見えるダイニング部分。カップボードとグリーンが、ダイニングのアクセントになっている。[写真2]

湖畔を背にしてリビングをみたところ。階段下は寝室とセカンドリビング。[写真3]寝室はこじんまりと、落ち着いた雰囲気に。[写真4]窓からの湖畔の眺め。[写真5]家の前の湖畔は水上飛行機の離着も可能だ。[写真6]

イメージ イメージ
イメージ イメージ
イメージ
バンクーバー

イメージ
この近隣の住宅地にも平屋は多い。外観のイエローは自分でペイントした。
日本に帰省して改めて思い知ったカナダ住宅の性能
個性的なブルーに塗られたキッチン。独立型だが、正面の5角形の窓でダイニング側と容易にコミュニケーションできる。左側には絵画を飾って。[写真1]

キッチンの窓辺にはガラス小物などを並べて。「庭が一望できるので、子供が幼い頃は、遊んでいるのを見ながら食事の支度ができました」。[写真2]

ダイニングの壁は、イエローの地に小さな赤い絞り模様が全体に。これもすべて根気良くDIYで重ね塗り。この照明器具を見つけるまで実に5年も探し続けたとか。[写真3]
リビングの壁は大胆な色を選んだ。[写真4]「最初、壁一面に赤を塗ったら暑苦しかったので、白い腰壁をつけました」。
 

カナダで見つけた心地よい住まい ケベック

森の国・カナダで見つけた心地よい住まい ケベック
ケベック

イメージ
雄大な川の流れをBGMにくつろぐ。夏の間は、外のテラスでよくティータイムをするのだそう。
イメージ イメージ
イメージ
母娘のセンスが際立つフレンチ・インテリアの住まい
メインフロアのリビングダイニングには、フランスの伝統的な家具を配してオーソドックスな雰囲気に。女性らしさの小物づかいも。[写真1]

リビングと対照的なセカンドリビング。アクセントカラーのブルーが鮮やかで若々しい印象。木目を活かした白い家具がくつろぎ感を演出。[写真2]

セントローレンス川のほとりに立地。清潔感ある色づかいの外観は、遠方からでもひときわ目立つ。リバーサイドに眺望を最大限にとるために、家の形を多角形にし、ボウウィンドーを大きくとった。[写真3]

イメージ
イメージ
イメージ イメージ
イメージ
ウィスラー

イメージ
急な傾斜地に建っているので、デッキからの眺望は抜群。遙か遠くの山々まで見渡せる。
豊富な樹種を楽しむための家
デッキ側からの外観。積雪量を考慮して屋根は急勾配に。デッキは扇形にカーブを描いている。家の反対側の2階部分に玄関がある。[写真1]

玄関を入ってすぐに広がるリビング。床はチェリー材、サッシは北米ヒノキ材。階段にも幾つかの異なる樹種を用いて、色や木目の微妙な違いを楽しめる。[写真2]

異なる樹種を用いた階段[写真3]リビング奥の落ち着いた
書斎スペース[写真4]
主寝室。シンプルに徹した室内では木としっくいの素材感が一層際立つ。「室内を飾りたてない」代わりに家具やファブリックはつとめて上質なものを吟味した。[写真5]
 
なぜ?輸入受託