舞鶴市 M様 (レクサスホーム)


無垢材を使った温かみのあるシンプルスタイルの家
...
RH椋平様邸

「当たり前に過ごす日々の中で、我が家がくれるかけがえのないもの」


オーナー様 : 舞鶴市 M様
ご家族構成 : ご主人様 奥様 お子様2人

...

■マイホーム購入のきっかけを教えていただけますか?

まず大立工業さんを知るきっかけになったのが、(ご主人の)弟家族のマイホーム建築の際です。その時にお世話になったのが大立工業さんだったのですが、自分が大工を生業としていることもあり、木工事は主に自分が担当させていただきました。
私たち家族も、漠然とした「マイホームの夢」みたいなものは持ってはいたのですが、まず土地を探している旨、大立工業の営業の方にご相談したところ、希望する土地をとても熱心に、親身になって探し提案していただいて、とんとん拍子に話が進み、今に至ります(笑)

■建築会社を選ぶ際に基準となった部分はどこですか?

専門的な話になりますが、「通し柱がある家」というのが我が家の絶対条件でした。職業柄、梁や土台などの構造材、無垢・無塗装の床材など仕上げ材などには強いこだわりがあったのですが、そのあたりの融通が利くかどうかがポイントでした。規格住宅や、パッケージ化された商品の枠では、我が家の構想は収まりきらなかったわけです。
また、よく知る工務店やメーカーは、大工というフィルターを通して見てしまうため、嫌な部分を知りすぎてしまっていました。その点、大立工業さんに対しては、一緒になって、いろいろな条件や課題をゼロベースからつくりあげていけるチームのように接することができてよかったと思いました。

■土地探しなどで苦労された点はありましたか?

子どもたちの小学校の学区や、(奥様の)実家に近いという点がこの土地を選んだポイントです。本音を言うと、もう少し間口が広い土地がよかったのですが、舞鶴市内ではなかなか予算内に収まる物件がなく、その落としどころで頭を悩ませました。

■マイホーム建築にあたって、ライフスタイルのイメージは最初からありましたか?

(ご主人)仕事上、道具などを仕舞っておけるような屋外収納スペースが必要だったので、ある程度広いガレージを希望していましたが、間取りなどに関してはまったくノープランでした。実際に建ててから、もしも気に入らない部分が出てくれば、のちのち自分でリフォームすればいいか程度に考えていました(笑)。
(奥様)食事の用意をしながらでも、家族の様子がうかがえるような、キッチンとリビングの位置関係であったり、キッチン、ランドリー、バスルームなど水廻りへの導線であったり、理想とする間取りのイメージは、漠然とは持っていました。

■それに対し設計士又は営業担当が提案したプランはどのようなものでしたか?

間取りプランは、職業柄かなりのこだわりをもっていましたので、参考プラン資料や、雑誌に載っていた間取りを切り抜いて打ち合わせ時に持参をしたり、希望はなるべく具体的に伝えるようにしました。営業担当、設計担当の方には何度も何度もプランを書き換えのお願いをして、徐々に理想のカタチに近づけてもらいました。嫌な顔ひとつしないでとことん付き合っていただき本当に感謝しています。

■打ち合わせ中や施工中に弊社スタッフと関わり、何か印象に残った言葉やエピソードはありますか?

自分が大工であるということもあり、営業をはじめ、インテリアコーディネーター、設計士の担当いただいた方は相当やりにくかったのではないかと思いましたが(笑)、楽しく打ち合わせを進めることができました。

■今回工事前に不安に思った点はなにかありましたか?

自営業ということもあり、融資関係に少し不安はありました。収入の面で不安定ということもあり、住宅ローンを抱えるということに若干の躊躇はありましたが、営業担当の方がしっかりとアドバイスやフォローをしていただけたので問題ありあませんでした。工事に関する不安は一切ありませんでしたね。

■実際に住まわれて、お気に入りの場所や部分はどこですか?

無垢・無塗装の杉の床材は大正解でした。梅雨時期の足元も、べたつかずさらっとした肌触りで大満足です。
その床材の端材を内壁のアクセントや、ニッチのワンポイントに使用したりしたのですが、それらも独特の風合いで、いい感じに仕上がったと思います。

■お宅に訪問されたお友達やご親類、ご家族以外の方の感想や評判はどうでしたか?

遊びにきてくれた人の感想は概ね良好で、なかでも少し広めに取った洗面スペースが好評でした。調度品などを含めたインテリアデザインをほめていただく機会も多々。(奥様の)お父さんには、「お金払うからうちと交換してくれ!」とお願いされました。どうやらお父さんのツボを押さえていたようです(笑)。

■現在マイホームを通じて、楽しんでいることは何かありますか?

住み始めてから今に至るまで、なかなか忙しくて我が家にかまう時間が取れていないので、楽しむという点では未開発な部分です。それでも、食事を摂ったり掃除や片付けをしたり、日々当たり前に過ごす毎日の中で、我が家というホームベースが生活の軸にあるということは、家族にとって、そのひとつひとつがかけがえのないものです。
あっ!太陽光発電の今月の売電料を確認しては口元を緩ます。これもマイホームを楽しんでいるうちになるんでしょうね(笑)

■家づくりという経験を通して、感じたことなどあれば聞かせてください。

今から数年、数十年先の家族の姿を考えたとき、我が家というものがどうあるべきか考えました。その中でも特に子どもたちの比重は大きく、例えば、思春期の女の子と男の子の、朝のバタつく時間を考慮してトイレを2つ設けたり、生活導線の中央にリビングを置いたり、リビング階段を設けたり、家族の自然なコミュニケーションの取り方や、プライバシーに配慮する工夫の中に、家族で過ごす限られた時間の使い方についてよく考えました。

■最後にこれから家を建てようと考えている方へ、アドバイスがあればをお願いします。

大工という職業柄、今まで様々なお宅を拝見してきたのですが、せっかくのマイホーム、みなさんも、もっと遊び心を取り入れてもいいんじゃないかな、なんて思います。
きれい、かわいい、かっこいいお家も魅力的ですが、流行り廃りもありますし、個性的な部分をどんどん取り入れていくと、我が家に対する愛着も、掛けた手間分だけ沸くのではないでしょうか。
また、担当営業さん、設計士さんに伝えるイメージが抽象的だと、仕上がりのイメージにずれが生じるケースも出てくると思います。気に入った間取りなどのアイデアは、写真を撮るなど、なるべく具体化したほうがよいですね。伝える側も、受け取る側も、イメージの刷り合わせにかける労力は相当必要だと思います。


お忙しい中、貴重なお時間を頂き、大変感謝しております。
M様、ご協力ありがとうございました。


...

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!