不動産屋さんが教えてくれない土地情報の秘密?!

不動産の商売方法に秘密あなたは、土地探しをしていて、こんな疑問を持ったことはありませんか?

“どうしたら、私にだけ良い土地情報が手に入るだろうか~”
でも、そう思うのは、多くの方が、良い土地情報を教えてもらえないからです。そして、良い土地の情報というのは、なかなか皆さんの手には届きません。

インターネットも普及して、こんなに簡単に色々な情報が手に入る時代なのに、おかしな話ですよね。

でも、どうして手に入らないのでしょうか?
それは、不動産の営業マンが、頭ではわかっていてもお客様にお話しできない、不動産ビジネスのカラクリにヒントがあります。

ちょっとだけ、不動産の難しいお話になりますが、不動産のビジネスというのは、「両手の商売」(売主さん買主さん双方から仲介手数料をもらうこと)と、「片手の商売」(売主さん買主さんのどちらか一方からしか手数料をもらわないこと)の2種類の商売が存在します。

その中で、土地を売買している不動産のビジネスは「両手の商売」と言われていますが、この両手の商売について、ちょっとだけ、考えてみましょうね♪

例えば、「この土地を売って下さい!」と売主さんから土地や住宅を不動産屋さんは預かります。

その不動産屋さんの次の行動は、まず同業者さんに情報を出さずに、自分だけで売りたい!と思うのが、当たり前の話です。そして、土地売買をする不動産屋さんは、どこで収益を上げるのか?というと、土地を売買した価格の手数料です。だから、土地をできるだけ高く売りたい。そう、自社で高く土地を売りたいというのが本音です。

いい物件は、なかなかオープンにならないだけど、ここで、不思議なことが起こります。
不動産屋さんは、自社で土地を高く売りたいと思いながらも、その良い土地情報は、広告やインターネットには、掲載しないのです。

どうしてだと思いますか?
それは、すでにその土地を買ってくれる相手が決まっているからです。
それは、高くないかもしれません。それでも、売れ残るより、不動産にとっては、土地を売ることが最優先になるのです。

そうなると、、、広告に掲載されている土地情報の多くは、買い手が見つかっていない土地もしくは、高く売りたい土地というわけなのです。
これが、不動産の営業マンが話したくない土地のカラクリなのですが、次に土地にもカラクリがあります。

土地というは不思議なものです。
多くの人が、”良い土地”であれば、“良い家”は建つ!と思っているようですが、そうでもありません。

だって、考えてみてください。一般的に良いと言われるのは角地や南向きの土地ですが、そんな土地ばかりではないですよね?

北向きもあれば、変形の土地もあります。
じゃあ、そこで家を建てたご家族は、不幸せなのでしょうか?
僕が知る限り、みんな幸せそうに暮らしています。
土地選びで大切なことは、
1、自分たちが住みたい環境にどれだけ近いのか?
2、自分たちが住みたい家が建つ土地なのか?
3、自分たちの生活スタイルに合った予算を組んだ土地と建物なのか?
という3つのポイントをきっちり押さえられているかどうかだとボクは思います。

こんな話をすると、『3つのポイントを満たす土地は、見つかりません!』
というお声が聞こえてきそうですが、大切なことは、この3つのポイントの中で、あなたが一番大切なのはどれかということです。

僕がお話しするときに一番大切にしているのは、やっぱり、3番目
『3、自分たちの生活スタイルに合った予算を組んだ土地と建物なのか?』 これです。

私共は家を建てるプロやっぱり、これから子供や家族と生活していく上で、家(土地+建物)に対して、いくらまでお金を支払うことができるのか?

ここをきちんと知っておかないと、笑顔で生活していくことは難しいと思うからです。

そして、この土地と建物にいくらお金をかけても大丈夫なのか?ということについて言えば、土地というのは、価格がはっきりしているのに対して、建物というのは、家づくりの想いをきちんと伝えないと価格はわかりません。

だから、”大立工業株式会社”では、土地選びで成功して頂くために、ここではお話しできない、さらに詳しい失敗しない土地の選び方をレポートにしてお配りしています。

きっと、あなたのお役に立つと思いますので、気軽に読んで、あなたにピッタリの土地とステキなわが家を手に入れてくださいね♪

無料相談会ご希望の方へ